日本は災害が多いから、少しでも安全なところに住もうと売却を決意したが、新しく買ったところの隣が果樹園で、建てたところが元々田んぼだったら笑うに笑えないか

スマイスター・イエイ・イエウールなどでの不動産売却査定比較
ページの先頭へ
トップページ > 身内に不動産屋がいれば別ですが、

身内に不動産屋がいれば別ですが、普通は住宅を

身内に不動産屋がいれば別ですが、普通は住宅を売却する際は不動産業者による査定を受け、販売価格を決めて媒介契約を結びます。価格設定には慎重を期したほうが良いですが、一週間以内に契約する人が多いです。肝心なのはどの位の期間で買い手が決まるかですが、価格もありますが、物件の状況や市況でも変わってきます。ただ、不動産取引の法律により、不動産会社と結んだ媒介契約は契約日から三ヶ月と決まっていますので(再契約可)、3ヶ月の間に買い手がつくように戦略をたてていくと良いかもしれません。


チャレンジは良いことですが、自分で売買するのが「家」の場合、非常な危険をはらんだ考え方です。

法律や登記などのほかに取引そのものや税金などの知識やノウハウを一人で習得できる人はいませんし、知識があっても漏れはあるでしょうから、訴訟にならないとも限りません。



それなりの手数料はかかるものの、売却が円滑かつ安全にできるようその道のプロに任せる方がいいでしょう。しかしどうしても自力でという希望があれば、自分で家を売ることは法律上禁止されていませんから、可能です。家を売却するときに必要な経費として、売却を仲介した会社に払う手数料、登記費用(主に抵当権抹消)、そのほかに印紙代が実費としてかかります。土地や家屋の売却代金は大きいですから、法律で定められている仲介手数料でもそれなりの額になります。不動産会社を介さず自分で家を売却することで、仲介手数料などを払わずに済むと考える人もいますが、責任問題が生じる危険もありますし、手間暇もかかりますから、プロの手を借りるのが一番です。
買手が見つかり家の売買契約を交わす際は、用意する書類もかなり多くなります。
登記識別情報(古い物件の場合は「権利書」)、毎年4月頃に届く固定資産税納税通知書は、どのような物件を売却する際も不可欠です。
更に一戸建てや土地なら測量図、所有者が転居していたら戸籍の附票など、あれもこれもと用意すべき書類は増えていきます。仲介業者からその都度必要な書類の説明があると思いますが、時間を決めて早めに準備していったほうが、手続きはスピーディーに終わります。


不動産の評価見積りをしてもらったあとに、売却予定はどうでしょうと不動産会社から何回も打診され、辟易することもあるようです。営業的な熱意にほだされて断るに断れず、相場ならどこに頼んでも同じだろうと考えて、簡単に1社目と契約を結んでしまうこともあるようです。



それで良いのでしょうか。

気が進まないのであれば固辞すべきです。
複数の会社に依頼が行けば断られる会社の方が多いのですし、断る側がしっかり言わないと業者も期待してしまいます。

家を売却するためのステップは、仲介業者選定、物件の査定見積り、売値を決定し、媒介契約を交わし、販促スタート、内覧予約が来て、購入を希望する人と詳細を詰めて、最後に売買契約書を交わし、精算と引渡しをして完了です。



気になるのは売却終了までの期間だと思いますが、いつ買手がつくかで全く違います。また、住んでいる状態で売り出すなら、転居の都合もあるでしょう。


仲介契約というのは法律で最長3ヶ月と決められていますし、延長したり別会社と契約しても6ヶ月といったところでしょう。

ようやくマンションの売却が済んだ後で発生するクレームの中で多いのは、いわゆる瑕疵担保責任に関するものです。



売れる前に通常の探し方をした際に見逃してしまって、欠陥とか破損などがあることが後からわかったという時に、それらに対して負うべき責任が発生してくるのです。
ただし、居住を始めた新たな住民が行ったのに修理費を節約しようとあえて、売り手に責任を押し付けることもあるようです。

どう転んでも利害関係が生じ得ない方に依頼して、スマートフォンのカメラや録画機器を使って映像や画像として保存すれば、トラブル防止に役立ちます。

実物を見ることができるオープンハウスは宣伝効果が高いので、マンションは比較的スムーズに売却できます。



ただ、オープンハウスという性質上避けられないのは、自宅を売りに出すということが周辺住民にわかってしまうことが挙げられ、まさに一長一短と言えます。近隣への広告チラシの配布は避けられませんし、オープンハウス当日には、のぼりや看板が出て注目度は著しいですから、できれば誰にも知られずに売りたいのであれば、開催は控えた方が良いかもしれません。


借金の担保になっていない家を売買するのなら関係ない話ですが、債務を完済していない状態での売買となると厄介です。
基本的に抵当権が設定されている土地家屋は売却できないものと考えて間違いありません。

ただ、特例として売却可能にする手段が任意売却です。

専門の仲介業者が金融機関と債務者の間に入り、売却を可能にするのです。
ローンの返済が困難なときでも競売を避け、高く売る施策として非常に頼もしいものです。近頃は積極的に申告する人が増えてきましたが、確定申告とは、年間所得と控除から納めるべき税金を申告するものです。
会社員のように源泉徴収されている人は、本来の税額との差を精算することができます。
給与以外にいわゆる譲渡所得、家を売って得た所得なども同時に申告します。

所有期間5年以下の不動産は税率が40%、5年超でも20%は税金として納めなければならないため、大きな出費となります。
隣地との境を明らかにするために、『土地境界確定測量』を実施する場合も、土地つき一戸建てを売る際にはよくあります。法的に強制されたものではありませんが、平米単価が高ければ、仮に塀程度の幅でも資産価値に大きく影響するため、行なっておくケースが多いです。


業者への支払いは30万前後ですが、土地の広さにもよります。
売手としては痛い出費かもしれませんが、買う側からすれば要らぬトラブルを避けられるのですから安心です。他に複雑な事情が絡んでこないのであれば、不動産の売主に生じるデメリットは、せいぜい税金の納入について悩むくらいでしょう。
しかし、注意しなくてはならないのは住み替えをするケースで、面倒なことなるかもしれないリスクを背負うことになるかもしれません。売りに出した不動産物件からの売却代金が得られるものとの目論見で、新しい家の購入資金が欲しい状況なのに、売買契約が成立しない一方で時間だけが経ってしまい、新居の資金源にするはずだったお金が手元に入らなくなる可能性も出てきます。
一般に、不動産の売却が成立したら、名義を変更しますが、その際は、物件の売主側では、登記済権利証、そして、取得してから3か月以内の印鑑証明書を必要です。



原則として名義変更は決済と同日に取り扱い機関である法務局で手続きすることになるのです。
この場合には、先ほどの書類の取得費の他にも、登記事項証明書代、及び、登録免許税がかかることを覚えておいてください。

固定資産税の1000分の4と定められているので、登録免許税の金額は予め計算しておけるはずです。誰でもお得に買物したいと思っているため、初期設定の売価で不動産物件の売却が成立するのはあまりなく、いくらになったら買うなどと買手が価格交渉してくる場合が大半です。予め価格交渉はされるものだと覚悟しておいて、いざそういわれたら、相手の事情を考慮してみてください。



自分で住むための物件だったら、よく考えた上で、買いたいと言っているでしょうから、いわれるがままに交渉に応じなくても、売却できるケースが多いです。家を売る気持ちが固まったら、手始めに不動産会社に住宅の現状査定を依頼するものですが、その評価を左右するのが建物の建築年数でしょう。



立地や希少性、人気などにより差は出るものの、築年数が10年、20年ともなれば建物の値段はどんどん落ちていくのが普通です。

新築時は土地と建物の双方に価値があるのが一戸建てですが、建物が古くなればなるほど資産価値はゼロに近づき、売出価格のほとんどが土地代ということにもなりえます。
Copyright (c) 2014 日本は災害が多いから、少しでも安全なところに住もうと売却を決意したが、新しく買ったところの隣が果樹園で、建てたところが元々田んぼだったら笑うに笑えないか All rights reserved.